大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

ありがとサンズ、阪神タイガースジェリー・サンズ神走塁三冠王も

投稿日:2021年4月5日 更新日:


阪神タイガースのジェリー・サンズ外野手が好調だ。打率は3割をキープ。5番

打者としての役割をきっちりとこなしている。ここまで他の2人のクリンナップ

の成績がパッとしない中で、孤軍奮闘の感がある。昨季は2軍からのスタートで

シーズンが始まってしばらくしてからの登場となったが、今季は開幕から出場。

相手投手の内角攻めなどに苦しんで尻すぼみの成績に終わった昨季に比べると今

季は最後まで十分に期待が持てる内容となっている。

筆者はおそらく今年の阪神タイガースの中での三冠王はこのサンズとみている。

ホームランでは大山や新人の佐藤などのライバルも多いが、全体的な安定感で言

えばやはりこのサンズであろう。いや、セ・リーグ全体での三冠王も夢ではない

と思えるほどの昨今の活躍ぶりである。

 

この活躍は何も打つ方だけではない。たとえば4月1日にマツダスタジアムで行

われた広島との一戦にも象徴的なシーンがあった。

4回表無死一塁。一塁走者は四球で出塁したサンズ。打者佐藤がマウンド付近に

フライを打ち上げ、三塁手の広島堂林が捕球してアウトを取った。そして、堂林

がマウンド上で投手の中村投手にボールを渡し、中村はマウンドからホーム方向

を見ながらボールをこねる、とここまでは見慣れたシーン。しかし、ここからが

違った。次の瞬間、一塁走者サンズが無人の二塁へ走りだす。異変に気づいた中

村がセカンドへ投げようとするも時すでに遅し。サンズが二塁を陥れた。まさに

サンズの「神走塁」となったわけだ。

ちなみに記録は野手選択、つまり「野選(フィルダースチョイス)」となった。

単なる一走塁ではない。これがどれほどの相乗効果をチームに与えることとなっ

たか。「助っ人」とは投げたり打ったりするだけではない。まさにそれを体現し

て見せた格好となったプレーであった。

今後、どのようなプレーで楽しませてくれるのか。今年のサンズ、そして阪神タ

イガースがとても楽しみとなった。


ところで「野選」とは?

そもそも野選とは。

少し長いが、公認野球規則の定義28によると、「フェアゴロを扱った野手が一

塁で打者走者をアウトにする代わりに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送

球する行為をいう。また、(a)安打した打者が、先行走者をアウトにしようと

する野手の他の塁への送球を利して、1個またはそれ以上の塁を余分に奪った場

合や、(b)ある走者が、盗塁や失策によらないで、他の走者をアウトにしよう

とする野手の他の塁への送球を利して進塁した場合や、(c)盗塁を企てた走者

が守備側チームが無関心のためになんら守備行為を示さない間に進塁した場合な

どにも、これらの打者走者または走者の進塁を記録上の用語として野手選択によ

る進塁という」

 

大変難しいが、隙を突いたプレーというものは記録上、野選しかない。 今回はフ

ェアゾーン内の飛球だったが、これが仮にファウルゾーンであっても野選にな

る。そして、ボールが二塁に渡ってサンズがタッチアウトになっていれば走塁死

という記録になる。

 

どちらにしても、今回の走塁はサンズの「神走塁」。応援する側にとってみれ

ば、こんなに痛快なことはない。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平今季初1戦2発、日本人初出場の本塁打競争への意気込みは

18日(日本時間19日)、アナハイムで行われたエンゼルス対タイガースの一 戦はエンゼルスが11対3で勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手が、念願のオ ールスターホームランダービーへの出場を表明したその日 …

筒香嘉智ドジャースへレイズより金銭トレードで獲得のその理由は

ドジャースはレイズを戦力外になった筒香嘉智選手を獲得したことを発表した。 レイズは11日に筒香を40人枠から外してウェーバー手続きに入っているとこ ろだったが、ドジャースからの働きかけで金銭トレードが …

阪神タイガース矢野監督スアレスに代わる守護神候補に意外な投手指名

先日、テレビ出演した阪神の矢野燿大監督はスアレスに代わる今シーズンのクロ ーザー候補について問われると意外な投手の名前を挙げた。「サプライズ的に出 てきてくれるのが、俺としてはありがたいんやけどね。え …

巨人原監督交代直後2球目で満塁弾浴びた田中について何を語った

18日、巨人は甲子園球場での首位阪神との直接対決に1対7と大敗を喫して2 連敗となった。最大9あった貯金は5に減り、阪神とのゲーム差が今季初の8に 開くとともに2位で並んでいたヤクルトが勝ったため3位 …

大谷翔平にイチロー以来17年ぶりに審判が激レア行為 、その内容は

5月31日(日本時間6月1日)、エンゼルスの大谷翔平選手は敵地サンフラン シスコのジャイアンツ戦で9回表の攻撃で代打出場した。そして、四球を選んだ 後に二塁、三塁を陥れた(ただし、記録は「守備側の無関 …