大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平が勝ちたいと補強を要望、エンゼルスが狙う日本球界の大物は

投稿日:


今シーズン、メジャーリーグのエンゼルスは投打の二刀流をこなした大谷以外は

先発陣、リリーフ陣とも崩壊状態に陥った。故障者が続出したこともあり、規定

投球回数に達したローテーション投手は皆無で、チーム防御率は4・69に終わ

りア・リーグ中12位と低迷した。これで7年連続ポストシーズンへの進出を逃

したチームの現状に、大谷は「ファンやチームの雰囲気は好きです。ただ、それ

以上に勝ちたい気持ちが強い。プレーヤーとしてはその方が正しいのではない

か。」と語り物議をかもしたことは記憶に新しい。ペリー・ミナシアンGMは、

「今年は投手が十分でなかったのは明らかだ。投手が優先事項になる。」と、投

手中心の補強に力を入れていくことを明らかにしている。そして、投手陣再建が

急務なエンゼルスがここにきて日本球界に目を向けているという。


今オフのメジャーのFA市場

今オフのFA市場には、投手を見ればドジャースのカーショー、同じくドジャー

スのシャーザー、アストロズのグリンキーらサイ・ヤング賞受賞経験者の他、リ

リーバーでは2017年セーブ王のドジャースのジャンセンら好投手が揃ってい

る。メジャーでも屈指の資金力を誇るエンゼルスは積極的にFA市場に参戦し、

大物取りを狙っているといわれるがそうそう上手くいくとも限らないのが現実

だ。大谷は二刀流の負担が大きく、登板間隔は通常の中4日ではなく最低でも中

5日が必要とされる。そのため、先発投手を6人用意しなければならない。加え

て、これまで中4日で結果を残してきた実績ある投手は調整法やリズムが狂うた

めエンゼルスへの移籍を敬遠する傾向がある。メジャーリーグ公式サイトによれ

ば、エンゼルスが獲得に動くとみられていたシャーザーはドジャースとの再契約

が濃厚だということだ。

エンゼルスの狙い

そこで日本球界ということになる。先述の事情から日本球界に方向転換したエン

ゼルスが獲得調査に乗り出しているのは、阪神ファンからすると非常に気になる

ところではあるが、阪神の絶対的クローザー右腕ロベルト・スアレスの名前が挙

がっているのだ。

スアレスは2016年にソフトバンクに入団し、ソフトバンク在籍中は通算19

1試合で7勝13敗、68セーブの成績を挙げた。2020年に阪神に移籍してか

らは守護神を任され、今シーズンは42セーブをマークし、2年連続セーブ王の

タイトルを手にした。かねてよりスアレスは来シーズンの契約を破棄してメジャ

ー移籍を目指すともいわれている。スアレスは最速160キロ超の速球とスプリ

ットを武器としており、エンゼルスが触手を伸ばす可能性は十分にありえること

だ。スアレスの今シーズンの年俸2億6300万円に対し、エンゼルスは2年約

6億円プラス出来高あたりの契約を提示してくるとみられている。

かつては、巨人からカージナルスに移籍したマイコラスが2018年に18勝を

挙げるなど、日本で経験と実績を積みメジャーリーグへUターンして結果を残す

投手は少なくない。このスアレスが大谷が願うポストシーズン進出への原動力に

なるのかどうか、今後の動向から目が離せない。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平2戦連続3四球は球団28年ぶりマドン監督のコメントは

7日(日本時間8日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ロイヤルズの一戦は 8対3でエンゼルスが勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手はこの試合に「2 番・指名打者」で先発出場し、2試合連続となる3四球を記 …

田中将大が抜けたヤンキース先発陣崩壊状態に地元紙酷評どんな報道?

6月も半ばとなった現在、メジャーリーグの名門球団ヤンキースが苦しんでい る。13日(日本時間14日)の敵地フィリーズ戦では0対7で完敗を喫した。 9回制の試合で今季2度目の零封負けを喫してこれで3連敗 …

日本ハムノンテンダー自由契約西川遥輝が楽天入り、先行巨人ナゼ撤退

日本ハムを自由契約となった西川遥輝外野手が楽天入りすることとなった。西川 は海外フリーエージェント(FA)権を保有している身でありながら日本ハムを 自由契約、いわゆるノンテンダーとなっていたものだ。つ …

2022年プロ野球開幕セ・リーグDeNAベイスターズのスタメンは

三浦大輔監督が就任して2年目を迎える今シーズンのDeNAは、本拠地・横浜 スタジアムに広島を迎え撃ち開幕する。昨シーズンは開幕後11戦を消化した時 点で8敗3引き分けと勝利が無く大きく出遅れてしまい、 …

大谷翔平5回途中2失点降板2勝目ならずも6試合連続安打本塁打は

19日(日本時間20日)、エンゼルスは本拠地アナハイムにインディアンス戦 を迎えての一戦で2対3で惜しくも敗れて2連敗となった。この試合でエンゼル スの大谷翔平投手は「2番・投手」で今季4度目となる投 …