大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平あと一歩で10勝目逃す、登板機会はあと何回残っているのか

投稿日:


26日(日本時間27日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対マリナーズの

一戦は、5対1でマリナーズが勝利した。この試合がエンゼルスの今シーズン本

拠地最終戦。大谷翔平投手が10勝目をかけて「2番・投手」で先発出場した

が、勝利投手の権利を手にして迎えた七回表に痛恨の同点被弾。最速160キロ

を記録し、7回を今シーズン2番目に多い112球を投げて5安打1失点、2登

板連続の2桁となる10奪三振と好投を見せたものの、勝敗はつかずに勝利を逃

した。マウンドを降りた後はそのまま守備につかずに交代となった。打つ方では

3打数1安打で、この日も本塁打は出なかった。エンゼルスは大谷に続く2番手

投手が打たれて敗れた。この日は珍しく大谷がバットをたたきつけて悔しがるシ

ーンも見せた。


投手・大谷

痛恨の一発だった。エンゼルスが1対0とリードして迎えた七回表1死の場面だ

った。マリナーズの7番・ケリニックへのカウント1-1からの3球目のスライ

ダーが真ん中高めに甘く入った。ケリニックにとらえられた打球は右翼席に達す

る同点ソロアーチとなった。そして、その瞬間に大谷の勝利投手の権利は消え去

った。それでも気迫の投球で3アウト目を三振で仕留めると、この回限りでの降

板を察知したファンからのスタンディングオベーションを受けながらベンチへ引

き揚げた。この日が9勝目を挙げてから3度目の登板となった。1918年にベ

ーブ・ルースが記録した後、102年間誰も達成していない「2桁勝利&2桁本

塁打」の偉業がかかったマウンドだった。しかし、3度目の正直も好投及ばず勝

ち星にはつながらなかった。エンゼルスにとっては今シーズン最後のホームゲー

ムだった。試合開始およそ40分前に大谷がウォームアップのためにフィールド

に姿を見せると、三塁側席からは大きなMVPコールが起こった。大谷は初回か

ら初球でスプリットを使うなど、この日は大谷にとっての伝家の宝刀とも呼ぶべ

き球種を多投した。初回先頭打者に安打を許したが、以降は四回までは12人連

続でアウトを奪う圧巻の立ち上がりだった。大谷の好投に応えるかのようにエン

ゼルスは二回裏の攻撃で大谷の女房役・スズキの6号ソロで1点を先制した。だ

が、前夜14得点した打線はこの日は迫力不足、この後は追加点が奪えなかっ

た。大谷は五回表は1死一、二塁とされたが、下位打線を外野フライに打ち取っ

てしのぎ切った。六回表も1死一、二塁のピンチを招いて主軸を迎えたが、4

番・ハニガーを空振り三振、5番・トロを中飛に斬って取った。そして、運命の

七回表を迎えた。この後、7回裏にエンゼルスの反撃が見られればまだ大谷に勝

利のチャンスもあったのだが、この日のエンゼルス打線にその力はなかった。

打者・大谷

打つ方では、マリナーズ投手陣の外角一辺倒の投球に対し初回の1打席目は一ゴ

ロ、三回裏の2打席目は中直に倒れていた。続く六回裏の第3打席はバットの芯

で捉えて中前打を放った。その後の七回裏は2死一塁で9番フレッチャーが一飛

に倒れ、大谷に打席は回ってこなかった。ここで大谷はベンチで右手で持ったバ

ットを1回、2回とたたきつけて悔しさを吐き出した。この場面は何とか大谷自

身の打撃で何とか窮地を脱する場面を期待したのだが、それもかなわずじまいに

終わってしまった。なお、本塁打王争いは46本でトップに立っているブルージ

ェイズ・ゲレロとロイヤルズ・ペレスもこの日は数字を伸ばせず46本のまま。

なおも45本塁打の大谷が1本差で追う展開が続いている。大谷の今後の登板

は、順調にいけば今季最終戦となる10月4日のマリナーズ戦あと1回のみとな

る。「2桁勝利&2桁本塁打」の103年ぶりの快挙へ、まさに最後の一戦で最

後の挑戦をすることとなる。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

セリーグがパリーグに日本シリーズで勝つことができないその理由

ここ数年の日本シリーズを見ていても分かるように セ・リーグはパ・リーグよりもずっとずっと弱い。 と言うよりも、もう歯が立ちません、と言ったほうがいい。 数年間の日本シリーズだけではなくて その前からの …

大谷翔平対前田健太は3打数無安打2三振マドン監督スランプ心配ない

22日(日本時間23日)にターゲットフィールドにて行われたツインズ対エン ゼルスの一戦は3対2でエンゼルスが逆転勝ちを収めた。この試合で、ツインズ は前田健太投手が先発した。対するエンゼルスは大谷翔平 …

特例2021プロ野球ヤクルトスワローズ6選手出場登録抹消どの選手

プロ野球セ・リーグのヤクルト球団の発表によると、同球団の西田明央捕手が新 型コロナウイルスの陽性になったということだ。 これは、30日に球団関係者の1人が陽性の判定を受けたことに伴い、同日に実 施され …

大谷翔平への報復死球で投手と監督が退場、本塁打争いの行方はどう?

16日(日本時間17日)、シカゴで行われたホワイトソックス対エンゼルスの 一戦は9対3でエンゼルスが勝利した。この試合で、大谷翔平投手が「3番・D H」で先発出場した。初回と5回表に内野安打を放つなど …

大谷翔平投げて打つ、二刀流とはこのことだ!8勝目&40号一番乗り

18日(日本時間19日)、デトロイトで行われたタイガース対エンゼルスの一 戦は、3対1でエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が 「1番・投手」で投打同時出場し、投げては自身メジャー …