大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

中日からのFA投手は期待大、ソフトバンク移籍の又吉克樹はどうか

投稿日:2021年12月23日 更新日:


ソフトバンクが、国内FA権を行使した中日の又吉克樹投手の獲得を発表した。

ソフトバンクがFAで選手を獲得するのは2013年の日本ハムの鶴岡慎也捕手

と中日の中田賢一投手以来8年振りとなる。今シーズンのソフトバンクは日本一

5連覇を目指したもののまさかの4位に終わり、日本一どころかリーグ優勝、は

たまたクライマックス・シリーズ進出をも逃してしまった。もちろん課題は山積

しているが、そのなかのひとつに中継ぎ投手陣がシーズンを通して活躍ができな

かったことが挙げられる。今シーズンは、絶対的守護神の森唯斗が「左肘関節化

膿性滑液包炎」で手術を受け途中離脱、さらには中継ぎとして期待された泉圭

輔、高橋純平らが年間を通じて一軍で活躍できなかった。泉は今オフの契約更改

後の会見の場で、「かなりハイペースで投げていて、自分の身体が耐えきれなか

った」と体力不足の課題を口にした。その言葉を考えると、これまでに通算40

0試合に登板して通算143ホールド、防御率2.86と安定した成績を残して

きた又吉はウィークポイント解消の切り札となりえる存在だ。ソフトバンクは現

在のチーム名になった2004年以降、8人のFA選手を獲得してきた。振り返

ってみれば、2004年に近鉄から移籍した大村直之は移籍後3年連続で規定打

席に到達、2006年に巨人から出戻りという形となった小久保裕紀、2010

年に西武から移籍してチームの扇の要を務めた細川亨、同じく2010年に横浜

から移籍後セ・パ両リーグで首位打者を獲得した内川聖一、2013年に日本ハ

ムから移籍しこちらもチームの扇の要を務めた鶴岡慎也と5人の野手は全員が移

籍後に結果を残してきている。


中日からFA移籍した投手はどうか

ところで、中日からFA移籍した投手で見てみると、2013年に移籍した中田

賢一はまずまずの結果を残したと言えるのではないだろうか。移籍初年度に11

勝をマークすると、翌年も規定投球回に到達し9勝7敗、防御率3.24の成績

を残す。所属最終年度となった2019年こそ1試合の登板にとどまるも、ソフ

トバンクでの実働6年間で39勝26敗と十分な働きを見せたと言える。また、

中日からFAで国内球団へ移籍した投手は中田以外にも成功例が多いのが見て取

れる。2001年に巨人へ移籍した前田幸長、2015年に阪神へ移籍した高橋

聡文はともに中継ぎとしてそれぞれのチームにとって十分な戦力となった。前田

は移籍から4年連続で44試合以上に登板した。そのうちの3年間は50試合以

上に登板となっており、貴重な左腕として中継ぎ陣を支えた。高橋も2年連続で

20ホールドをマークした。特に移籍2年目の2017年は、61試合の登板で

6勝0敗、1セーブ、20ホールド、防御率1.70の好成績を残しており、チ

ームを前年の4位から2位へと押し上げるのに十分すぎる貢献をした。結果的

に、2005年に巨人へ移籍した野口茂樹が結果を残すことができなかったのみ

である。もちろん現状では又吉がどちらのパターンになるのかはまったくの未知

数ではあるのだが、ソフトバンクにとっては又吉獲得にあたっての好材料のひと

つになったとも言えるだろう。又吉はFA移籍した投手の成功事例が多く、過去

にソフトバンクが獲得したFA投手での成功例のひとつとも言える中田の所属先

でもあった中日の出身だ。FA宣言した際に又吉は、「独立リーグ出身者として

(FA宣言の)第1号となって球界の裾野を広げたい」と語っている。それを実

現するためにも、ソフトバンクでも結果を残したいところだ。

【関連記事】

日本ハム西川・大田・秋吉が日本初ノンテンダーFA利用での移籍先は

日本ハム大田泰示自由契約も右の長距離砲は貴重と争奪戦、来季はどこ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平6回1失点快投自己最多更新6勝目防御率はどこまで伸びた?

4日(日本時間5日)、エンゼルスは敵地での対レンジャーズ戦に2対1で勝利 した。この試合、エンゼルスの大谷翔平投手は「2番・投手」で投打同時出場 し、メジャー自己最多を更新する6勝目を挙げ、5月28日 …

楽天石井一久監督5点差を追いついた引き分けについてのコメントは

29日、楽天生命パークで行われた楽天対日本ハムの一戦は5対5の引き分けに 終わった。試合後、楽天石井一久GM兼監督は5点差を追いついた選手たちをた たえた。   この試合、2年ぶりの先発登板となった楽 …

大谷翔平またも史上初ア・リーグがDHを使わず、ナ・リーグがDH

23日(日本時間24日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ジャイアンツの 一戦は9対3でジャイアンツが勝利した。この試合にエンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・投手」で投打同時出場した。6回6安打1失点 …

大谷翔平8回2失点好投も偉業達成はお預け、本塁打45号達成か? 

19日(日本時間20日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対アスレチック スの一戦は3対2でアスレチックスが勝利した。この試合で、エンゼルスの大谷 翔平投手が「2番・投手」で先発出場し、自己最長となる …

パイレーツ筒香嘉智の来シーズン残留が決定、年俸や契約年数は?

10日、(日本時間11日)、パイレーツからFAとなっていた筒香嘉智外野手が 来シーズンもパイレーツに残留することとなった。筒香にはメジャーの複数球団 が興味を示していたが、今シーズン途中に移籍したパイ …