大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人原監督が連敗続きでも来季も続投可能な当たり前の理由はコレ

投稿日:


巨人の原辰徳監督の来シーズン続投が報じられたのは10月10日だった。この

時、巨人はどんな状態であったのか――。実は、前夜9日のマツダスタジアムで

の対広島戦では先発の戸郷が初回から広島打線に打ち込まれ、攻撃では9回表に

丸のソロホームランで1点を取るのがやっとというありさまで7対1で大敗を喫

している。翌朝、「巨人・原監督」の文字が目に飛び込んできた方々はてっきり

原監督退陣か、と色めき立ったことであろう。が、報道はまったく逆のものだっ

た。何ともいわれようのない違和感に襲われたのは筆者だけではあるまい。た

だ、その内容をよく読みこんでみると「9日、巨人の原辰徳監督が来シーズンも

続投する方向で調整していることが分かった。正式要請となれば受諾に障害はな

い模様だ。」とのことだ。そう、「主語」は原監督自身で来シーズンもやるのか

やらないのかは原監督自身が決めること、ということになる。まさに、原監督を

辞めさせることができるのはこの広い世の中で原監督本人のみ、ということだ。 


異例の全権監督

なぜ原監督に限ってのみこんなとんでもないことが許されるのだろうか。それこ

そまさに、GM兼任の「全権監督」だからに他ならない。試合での選手起用や采

配のみならず、FA選手の獲得やトレードなども好き勝手にすることが許される

存在だ。さらに、監督を誰にするのかといった、それこそ自分自身の人事権まで

も持っているということだ。確かに、ここまで9度リーグ優勝及び日本一3回と

いう輝かしい実績を残してきた原監督の功績は称賛に値する。しかし、今シーズ

ンはといえば――。いまさら言うまでもなかろう。ある意味、すべて裏目に出て

しまったといっても過言ではなかろう。もちろん、すべては「全権」を掌握した

監督の責任となってしまうのは致し方あるまい。そして、その監督の人事権まで

も掌握している現実。監督続投は自明の理だったのだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

巨人ウィーラー規定打席到達セリーグ打率トップ首位追撃のカギを握る

22日、金沢で行われた巨人対DeNAの一戦は6対1で巨人が勝利した。この試 合で巨人のゼラス・ウィーラー選手が4打席に立ち、チームの規定打席に到達と なった。そしていきなり3割3分7厘でセ・リーグの打 …

2022年プロ野球開幕セ・リーグDeNAベイスターズのスタメンは

三浦大輔監督が就任して2年目を迎える今シーズンのDeNAは、本拠地・横浜 スタジアムに広島を迎え撃ち開幕する。昨シーズンは開幕後11戦を消化した時 点で8敗3引き分けと勝利が無く大きく出遅れてしまい、 …

選抜高校野球大会の組み合わせ抽選、オンライン形式での結果は?

      第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンライン形式で行われ た。   従来は大阪市内に各学校の主将が集まって実施していたものであるが、新型コロ ナウイルスの感染拡大の影響を …

ヤクルトと阪神・巨人の差は新助っ人、今年も光った補強巧者ぶりとは

今シーズンのヤクルトスワローズの大躍進には、その攻撃の面において見逃せな いプラスアルファが存在する。それが今シーズンから新たに加わったホセ・オス ナ、ドミンゴ・サンタナの両助っ人だ。かねてから強力だ …

大谷翔平投げて打つ、二刀流とはこのことだ!8勝目&40号一番乗り

18日(日本時間19日)、デトロイトで行われたタイガース対エンゼルスの一 戦は、3対1でエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が 「1番・投手」で投打同時出場し、投げては自身メジャー …