大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人岡本和真プロ初サヨナラ本塁打で劇的逆転勝利今季何本目?

投稿日:


9日、東京ドムで行われた巨人対ヤクルトの一戦は、巨人が4番岡本和真のサヨ

ナラホームランで7対5で逆転勝利した。

 

2回裏、丸佳浩の母の日仕様となるピンクバットでの3号ソロで先制した試合は

先発の今村信貴が6回表途中まで1失点と粘り強く投げて2点リードでリリーフ

陣に後を託す。しかし、2番手田中豊樹の乱調もあってヤクルトに逆転を許して

しまう。そして、8回裏に岡本和真が6号ソロで1点差に詰め寄ると、続く9回

裏に安打と四球などで1死一、二塁のチャンスを作る。ここで、岡本和真が2打

席連続となるホームランを右越えに放って劇的勝利を導いた。岡本和真はプロ7

年目で初となるサヨナラ本塁打を放った。


試合詳細

先発のマウンドは4月11日のマツダスタジアムでの広島戦以来となる3勝目を

目指す今村だった。初回は3者凡退に抑えるも、2回以降は毎回走者を出す苦し

いピッチング。3回表には連打などで2死満塁から押し出し四球で失点した。そ

れでも6回2死までその1失点にとどめると、ここからベンチは継投策に出た。  

田中豊樹は6回2死一塁から登板して後続を断つと、6回裏の攻撃でも打席にも

立って、7回表も続投した。しかしこれが裏目に出た。四球と連打などで1死満

塁のピンチを背負って、大江竜聖にスイッチ。迎えた青木の打球は一ゴロの当た

りだったが、一塁手のジャスティン・スモークの本塁への送球エラーで1点を失

う。さらに代わった桜井俊貴がサンタナにタイムリー、西浦に押し出し死球で失

点を重ねた。なおも1死満塁からリリーフした5番手の戸根千明は続いた代打川

端を一ゴロに抑えるもその間に1点を失うなどこの回4投手の継投で4失点とな

った。しかし、8回裏に岡本が先頭打者として左越えに一発を放って1点差に詰

め寄ると、さらに9回裏に岡本が自身プロ初のサヨナラ打となるホームラン。4

番がさすがの働きを見せた試合となった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガース首位陥落にファンの声、その要因はやっぱりコレだった

29日、マツダスタジアムにて行われた広島対阪神の一戦は、5対0で広島が阪 神を下して3連戦3連勝とした。なお、2位の巨人、3位のヤクルトはそれぞれ 勝利をおさめた。これにより、首位に居た阪神はゲーム差 …

エンゼルス大谷翔平は二刀流を超え三刀流へ、まわりの賞賛の声とは

エンゼルスの大谷翔平の活躍の場が広がっている。「二刀流」や「三刀流」とい った言葉で片付けることができないほどになっているのだ。   11日の敵地でのアストロズ戦では 「2番・投手」で今季3度目となる …

大谷翔平二刀流翌日代打出場安打敵地がホームになったとメディア驚嘆

12日(日本時間13日)、チェイス・フィールドで行われたダイヤモンドバッ クス対エンゼルスの一戦は、8対7でエンゼルスが逆転勝ちを収めた。この試合 で、エンゼルスの大谷翔平投手は8回に代打で出場し、代 …

DeNAに阪神が同一カード3連敗、2位巨人原監督の持論通り?

27日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦はDeNAが8対3で阪神 を下した。阪神が同一カード3連敗を喫するのは今季初、DeNA相手の3連戦 3連敗は2015年以来、6年ぶりとなった。投手陣が今 …

大谷翔平6回6安打9奪三振1失点4勝目はお預け打つ方はどう?

23日(日本時間24日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ジャイアンツの一 戦は9対3でジャイアンツが勝利した。この試合にエンゼルスの大谷翔平投手が 「2番・投手」で投打同時出場した。そして、6回10 …