大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

アストロズが5年連続リーグ優勝決定シリーズ進出、次の相手は?

投稿日:


メジャーリーグ、ア・リーグの地区シリーズはアストロズが本拠地ヒューストン

での2試合に連勝したあと、ホワイトソックスの本拠地シカゴでの第3戦を落と

したが、悪天候によって1日延期された第4戦は10対1で大勝し、3勝1敗と

してア・リーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。アストロズは5年連続のリーグ

優勝決定シリーズ進出となり、これはメジャーリーグ史上3チーム目となる快挙

となった。なお、このカードは77歳のホワイトソックスのトニー・ラルーサ監

督(現役最多2821勝)と72歳のアストロズのダスティ・ベイカー監督(同

2位1987勝)の「老将対決」としても注目されたが、ベイカー監督に軍配が

上がった。

             9回表ホセ・アルトゥーベ3ラン

試合内容は

2回裏にホワイトソックスのギャビン・シーツのソロ本塁打で先制されたアスト

ロズだったが、続く3回表二死満塁からカルロス・コレアの2点タイムリー二塁

打でたちまち逆転に成功した。コレアはこの一打でポストシーズン通算54打点

となり、ドジャースのアルバート・プホルスと並んで現役最多タイ、歴代6位タ

イに浮上した。さらに、4回表にマーティン・マルドナードとアレックス・ブレ

グマンのタイムリーで3点を追加し、6回表と8回表にマイケル・ブラントリー

のタイムリーで1点ずつを加点、9回表には二死一、二塁の場面でホセ・アルト

ゥーベがダメ押しの3ラン本塁打を左翼席にたたき込んだ。投げる方では先発の

ランス・マクラーズを筆頭に好投し、終わってみれば10対1の大差をつけてホ

ワイトソックスを一蹴した。

ポストシーズンの歴史

メジャーリーグでは1969年から東西2地区制の導入によりリーグ優勝決定シ

リーズがスタート、さらに、1994年からは3地区制の導入により地区シリー

ズがスタートした(なお、1994年はストライキのためポストシーズンの開催

なし)。5年連続でリーグ優勝決定シリーズに進出したのは、1971~75年

のアスレチックスが5年連続、1991~99年のブレーブスが8年連続(19

94年を除く)に続いてアストロズが史上3チーム目となった。アストロズは2

年ぶりのワールドシリーズ進出をかけて、10月15日(日本時間16日)から

スタートするリーグ優勝決定シリーズでレッドソックスとの対戦が決まってい

る。どちらのチームも打線が強力とあって、打撃戦となりそうな気配となってい

るが果たしてどんな結果が待っていることだろう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平2度目のボークは見せしめか?思わず不満顔で判定厳しく

11日(日本時間12日)に行われたダイヤモンドバックス対エンゼルスの一戦 で、エンゼルスの大谷翔平投手は指名打者制がないナ・リーグ主催の交流戦に 「2番・投手」でスタメン出場した。5イニングを5安打2 …

大谷翔平6回1失点力投も4勝目はお預け打撃不発に悔しさあらわ 

23日(日本時間24日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ジャイアンツの 一戦は9対3でジャイアンツが勝利した。この試合にエンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・投手」で今シーズン8度目となる投打同時出場 …

大谷翔平3試合ぶり両リーグトップタイの9号2ランその豪快弾とは

3日(日本時間4日)、エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場 した。そして、6回裏の第3打席で3試合ぶり、今シーズン第9号となる中越え の2ランを放った。2日(日本時間3日)の対マリナーズ …

大谷翔平3打席連続四球2日間7四球、ゲレーロ&ペレスの本塁打は?

23日(日本時間24日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対アストロズの 一戦はエンゼルスが3対2で勝利し、連敗を6で止めた。この試合で、エンゼル スの大谷翔平投手が「2番・指名打者」で先発出場した。 …

大谷翔平弾丸ライナー15号にエンゼルス同僚MLB選手のコメントは

25日(日本時間26日)、アメリカ大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、 対レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場した。そして第3打席で右翼ポー ル際へ今シーズン15号となる3ランを放った。弾丸ライ …