大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平37号逆転3ランは今季7度目の2戦連発2位ゲレロに5本差

投稿日:


28日(日本時間29日)、エンゼルスは本拠地アナハイムでロッキーズと対

戦、8対7で辛勝した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」

でスタメン出場、第3打席に2試合連続の本塁打となる37号逆転3ランを放つ

など3打数2安打3打点の活躍を見せ、打率は.280に上昇となった。


大谷の成績

初回、1死の第1打席ではロッキーズ先発左腕ギルブレスの初球の外角スライダ

ーを捉えて一、二塁間を鋭く抜ける右前打とし、24日のツインズ戦から続く連

続試合安打を「5」に伸ばした。続く3回裏無死の第2打席は右腕サントスと対

戦し四球を選んで出塁した。そして、1対3とエンゼルス2点ビハインドで迎え

た4回裏2死一、二塁の第3打席、3番手右腕ティノコのフォーシームを完ぺき

にとらえる逆転の37号3ランを放った。飛距離は388フィート(約118メ

ートル)、打球速度113.1マイル(約182キロ)、角度22度の本塁打と

なった。この一撃に本拠地のスタンドからはしばらくMVPコールが鳴り止まず、

盛り上がりは最高潮に達した。この前日27日(日本時間28日)の同じく対ロ

ッキーズ戦に続く2試合連続アーチとなり、本塁打王争いでリーグ2位のブルー

ジェイズ・ゲレロに5本差をつけた。大谷の2試合連続本塁打は、7月7日(日

本時間8日)の対レッドソックス戦、9日(日本時間10日)の対マリナーズ戦

以来で今季7度目となった。また、25日(日本時間26日)の対ツインズ戦で

2安打して以来3試合ぶり、今季29度目のマルチ安打も記録した。続いての6

回裏無死の第4打席は左腕ボーデンと対戦し、見逃し三振を喫した。さらに8回

裏1死一塁の第5打席は右腕エステベスと対戦し、四球を選んだ。前日は中越え

の36号2ランを含め4打数1安打2打点の成績、ふたたびアーチ量産体勢に入

った大谷に期待が膨らむ。なお、試合後エンゼルスのマドン監督は、大谷の次回

登板が8月1日(日本時間2日)の本拠地での対アスレチックス戦であることを

明言した。次回の投球にも期待したい。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガース矢野燿大監督6連勝貯金20交流戦総括コメント内容は

13日、楽天生命パークで行われたセ・パ交流戦楽天対阪神の一戦は6対5で阪 神が勝利した。   阪神が土壇場の9回2死から梅野の二盗と敵失でチャンスを作り、近本の勝ち越 し三塁打で6連勝を飾った。この勝 …

オリックス37年ぶり11連勝京セラドーム8連勝25年ぶりVへ補強発表

23日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対日本ハムの一戦は、3対1で オリックスが勝利した。   オリックスの連勝が止まらない。ロースコアの接戦を制し、阪急時代の1984 年以来となる11連勝とな …

エンゼルス大谷翔平ナンバーナインティーンショウヘイオオタニ、ワォ!

16日(日本時間17日)、オークランドで行われたアスレチックス対エンゼル スの一戦は、8対4でアスレチックスが勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手は 「2番・DH」で先発出場し、2回表の第2打席で今季3 …

阪神タイガース首位陥落にファンの声、その要因はやっぱりコレだった

29日、マツダスタジアムにて行われた広島対阪神の一戦は、5対0で広島が阪 神を下して3連戦3連勝とした。なお、2位の巨人、3位のヤクルトはそれぞれ 勝利をおさめた。これにより、首位に居た阪神はゲーム差 …

パイレーツ筒香嘉智の来シーズン残留が決定、年俸や契約年数は?

10日、(日本時間11日)、パイレーツからFAとなっていた筒香嘉智外野手が 来シーズンもパイレーツに残留することとなった。筒香にはメジャーの複数球団 が興味を示していたが、今シーズン途中に移籍したパイ …