大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

オリックス37年ぶり11連勝京セラドーム8連勝25年ぶりVへ補強発表

投稿日:


23日、京セラドーム大阪で行われたオリックス日本ハムの一戦は、3対1で

オリックスが勝利した。

 

オリックスの連勝が止まらない。ロースコアの接戦を制し、阪急時代の1984

年以来となる11連勝となった。これで7カード連続の勝ち越しだ。さらに京セ

ラドームでの8連勝は球団史上最長となった。試合は3回裏、紅林の5号ソロで

先制する。さらに吉田の19試合ぶりとなる13号ソロで計2点を先行した。2

対1となった6回裏1死、今度は杉本の15号ソロで突き放し、そのまま逃げ切

った。1試合3発は今季最多タイで吉田、杉本は初のアベック弾となった。オリ

ックス先発の田嶋は5回2/3を1失点に抑えて4勝目を挙げた。投打がかみ合

ったオリックス、貯金を8にまで増やした。

 

また、この日オリックスは新外国人戦力としてグレン・スパークマン投手(ツイ

ンズ傘下)と契約したことを発表した。年俸は推定3500万円プラス出来高払

いとなっている。背番号は「56」に決まった。同投手は29歳、メジャー通算

52試合に登板。1メートル89の長身から投げ下ろす150キロ超の直球とキ

レのあるスライダーが武器だ。ロイヤルズに在籍した2019年には23試合に

先発し、4勝11敗、防御率6.02を記録している。オリックス福良淳一GM

は、「もともとカーブも投げていた。もう少しカーブとかを投げたら、長いイニ

ングも投げられる。」と先発としての期待を口にした。今季、オリックスは5月

に2013年からチームに在籍してきたディクソンとの契約を解除していた。デ

ィクソンは家族との来日を希望していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響

で家族のビザ発給のメドが立たないため、球団としては苦渋の選択だった。ディ

クソンの契約解除を受け、チームに所属する外国人投手はヒギンスだけとなって

いた。さらに、打者ではマイナー通算70発のランヘル・ラベロ内野手(ドジャ

ース傘下)の獲得に向け、すでに本格調査に着手。25年ぶりの優勝に向け、首

位を走るオリックスが悲願成就のため、積極補強を敢行していく。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平、ヤンキースコール・チャップマンに完敗、次の登板はいつ?

1日(日本時間2日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対ヤンキースの一戦 は、ヤンキースがエンゼルスを4対1で下して13連勝のあとに続いていた連敗 を4で止めた。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が「 …

阪神タイガース陽川の決勝2ランミスター長嶋茂雄も認めた阪神の強さは

16日、東京ドームで行われた巨人対阪神戦で、阪神が6対5で巨人を下した。   前日の巨人対阪神通算2000試合目は逆転負けを喫した阪神であったが、20 01試合目となった16日の巨人戦に勝ってこの3連 …

阪神スアレス退団で来季守護神はケラーで決まり?まだ候補は2人いる

阪神の守護神として活躍、2年連続最多セーブに輝いたロベルト・スアレス投手 が今シーズン限りで退団することが決まった。今シーズンは62試合に登板で1 勝1敗42セーブ、防御率1.16。阪神球団の外国人投 …

大谷翔平9勝目で2桁勝利&2桁本塁打王手、MVP当確だけではない?

3日(日本時間4日)アナハイムにて行われたエンゼルス対レンジャーズの一戦 はエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投 手」で先発出場し、投手として7回を投げ被安打7、2失点 …

宮城大弥投手好投7勝目パリーグトップタイでオリックス首位浮上

20日、楽天生命パークにて行われた楽天対オリックスの一戦は、3対0でオリ ックスが勝利した。この試合でオリックスの宮城大弥投手が、8回5安打無失点 の好投でリーグトップタイの7勝目を挙げ、チームを楽天 …