大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神タイガース藤浪晋太郎は先発、中継ぎどちらの方がいいのか?

投稿日:


阪神タイガース藤浪晋太郎投手は先発投手として再生できるのか。それとも別の

方法もありなのか。

 

昨シーズンはわずか1勝に終わったが、今年は2月の練習試合、そしてオープン

戦で快投を続けてプロ9年目で自身初となる開幕投手を務めた。3月26日の対

ヤクルト戦(神宮)で白星こそつかなかったが5回2失点にまとめてチームの開

幕戦勝利に貢献した。その後も先発ローテーションで投げ続けた。昨シーズンの

ようなどん底の時期は脱したかのように見えたのだが、制球難が解消されたわけ

ではなかった。

 

5試合登板で2勝1敗、防御率2.60。この数字だけを見ると合格点をつけて

もいいような内容ではあるのだが、その内容はまさに紙一重だといえるのだ。通

算27回2/3を投げて21四球、3死球。捕手の構えたミットから大きく外れ

ることは珍しくない。毎回のように四死球絡みで得点圏に走者を背負う。3死球

とはいうものの、実際には危なっかしい球はまだまだあった。

 

要所を締めてなんとか失点は防いできてはいるものの、大量失点を喫してもなん

ら不思議ではない登板が続いた。23日のDeNA戦は5回途中4失点KOで今季

初黒星を喫した。許した安打はわずかに2本のみだったのだが、7四死球と大荒

れだった。初回から走者がいない場面でもセットポジションで投げるなど、投球

フォームで試行錯誤していたが最後まで修正できず、翌24日に登録抹消され

た。高卒1年目の2013年から10勝、11勝、14勝をマーク。阪神のエー

スになる日も近いと衆目の一致するところであっただけに、藤浪といえば先発投

手のイメージが強い。昨シーズン、一時期救援に配置転換された時でもいずれは

先発で復活を期すための一時的な措置だったものだ。


藤浪は中継ぎか

だが、他球団のスコアラーによると、「救援の藤浪の方が厄介です」と断言す

る。「中継ぎだとスタミナのことを気にすることがなく、160キロを超える直

球を目いっぱい投げてくる。先発の時も150キロを超えますが、160キロと

10キロの差が大きいんです。他の変化球も効いてくるし、試合終盤にあんなパ

ワーピッチャーが出てきたら攻略は至難の業です。藤浪は中継ぎの方が向いてい

ると思いますね。」と話す。藤浪は右打者に当てる死球が目立っていたが、救援

に回った時は確かに制球が安定していた。

 

今シーズンの阪神タイガースの投手事情を考えても、右のセットアッパーに藤浪

が入れば大きな戦力になる。先発は西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳、伊藤将司、ガ

ンケルなど頭数がそろっており、最後の守護神・スアレスも盤石だ。しかし、救

援陣はやや心許ない。岩崎優、岩貞祐太がいるがいずれも左腕。右投手で計算で

きるのは小林慶祐のみといった状況だ。ここに藤浪が入れば戦力に厚みが増す。

 

阪神のエースを嘱望された右腕もすでに27歳。救援でその才能を最大限に発揮

できるなら、検討の価値は十分にあるといえるのだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

プロ野球2021年セリーグ優勝巨人の可能性は原監督の采配は

2021年のプロ野球が3月26日に開幕した。 昨季は6月にまで開幕がずれ込んだ上に、予定されていたスケジールをすべてこ なすことができなかったシーズンとなってしまったが、それだけに今季はいやが うえに …

ドジャース筒香が初の4番起用でタイムリー、ロバーツ監督のコメント

19日(日本時間20日)、ドジャースタジアムで行われたドジャース対ダイヤ モンドバックスの一戦は、4対2でドジャースが勝利した。   この試合で、ドジャースの筒香嘉智外野手が初となる「4番左翼」で2試 …

大谷翔平はエンゼルスと契約延長しない?MVPなら契約金はいくら

3日(日本時間4日)、シアトルにて行われた対マリナーズとのレギュラーシー ズン最終戦の試合前に今シーズンの総括としての会見をしたエンゼルス・大谷翔 平投手は、「より多く試合に出られたというのは単純に楽 …

広島カープ栗林良吏無失点記録継続イニングまたぎ、そのリスクは

8日、バンテリンドームで行われた中日対広島戦で広島のドラフト1位栗林良吏 投手がイニングをまたいでの好救援を見せた。   8回裏、広島は中日に3連続四球を与え1死満塁のピンチを迎える。ここで、 佐々岡 …

阪神タイガースにやっと現れた待望の高卒生え抜き大砲スター候補は誰 

昨シーズンの阪神タイガースは開幕当初から首位を快走し、「今年こそは優勝間 違いなし」と言われたのも束の間、結果的には紙一重の差でヤクルトに逆転を許 して優勝をさらわれた。今年就任4年目を迎える矢野燿大 …