大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神タイガース、スアレスのメジャー流出危機に矢野監督が直談判?

投稿日:


10日、メジャーリーグへの流出危機の最中にある阪神のクローザー、ロベル

ト・スアレス投手に対して阪神・矢野監督が直接残留要請したと明かした。スア

レスはセ・リーグで2年連続のセーブ王に輝いたタイガースの絶対的守護神。す

でに10日に離日している。昨シーズンオフに2年契約を結んでいるが、2年目

となる来シーズンの選択権はスアレス側が持っており、今シーズン中から複数の

メジャー球団が視察、調査を続けてきていた。契約交渉の行方が注目される中、

昨年に続いて指揮官が動いた格好だ。


矢野監督の熱い思いは伝わるか

「スアちゃん頼むぞ、と言うことだけは。お願いと言うと何だけど。オレらの気

持ちはこうだからなというのは伝えた。」矢野監督は最後に直接、スアレスへ熱

い思いを伝えていたことを明かした。スアレスは、クライマックスシリーズ・フ

ァーストステージで3位巨人に連敗して敗退し、秋季練習の始まった10日に日

本を去った。「本当に(試合の)最後にスアちゃんがいてくれるのは、すごい安

心感。優勝できなかったけど、チームに大きく貢献してくれた投手。いてもらわ

ないと困る。」と矢野監督は語った。今シーズンは不動の守護神として62試合

に登板し、防御率1.16の成績を残した。42セーブを挙げ、阪神としては2

015年の呉昇桓の41セーブを超えて球団助っ人最多のセーブ数だった。2年

連続セーブ王も2014年、2015年の呉昇桓に続き球団2人目の快挙だ。 昨

シーズンオフもメジャー複数球団から熱視線を浴び、一度は保留者名簿から外れ

て流出の危機となっていた。この時も矢野監督が本人にラブコールを送ったこと

もあって、スアレスは残留を決めた。球団側としては、年俸8000万円から2

億6300万円と大幅アップの2年契約で迎えた。しかし、2年目の契約選択権

はスアレス側が持っており現在阪神との交渉が続いている。なお、国内の他球団

への移籍は出来ない条項となっている。今シーズンのスアレスは、球団最速16

3キロで動くクセのある球に140キロを超えるチェンジアップを駆使し、昨シ

ーズンの25セーブからその数を大きく伸ばした。安定感が増したこの投球をシ

ーズン中にメジャー複数球団が視察しており、昨年以上にスアレスを求める球団

が出てきそうな気配だ。メジャー経験のないスアレスに対して、矢野監督は「個

人の夢や決断は尊重しないとダメなんで。あとはスアちゃんが出す決断を受け入

れるだけ。」と同じ野球人として理解も示している。スアレスは普段は物静かで

シャイだと言われているが、今シーズンは優勝争いの最終盤で試合前に円陣で声

だし役も務めるなど、ナインの気持ちをまとめる上で欠かせない存在となってい

た。クライマックスシリーズ敗退後には、「熱い声援をくれたファンのみなさん

には本当に感謝の気持ちでいっぱい」と語っていたが、ファンとしては変わらぬ

阪神タイガース愛を貫いてくれることで来シーズンもタテジマのユニフォームを

見ることができることを祈るばかりだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

中日ドラゴンズ与田監督プロ第1号満塁弾の根尾を絶賛阿部、高橋は

4日、バンテリンドームにて行われた対DeNA戦で中日ドラゴンズが8対4で勝 利した。この試合で、根尾昂内野手がプロ第1号となる満塁弾を放った。   1回裏に4点を先制したものの、DeNAに1点差まで詰 …

巨人4連勝642日ぶり山口俊日本球界復帰勝利DeNA戦7連勝

23日、富山市民球場アルペンスタジアムで行われた巨人対DeNAの一戦は4 対2で巨人が逆転勝利した。これで巨人は4連勝で引き分けを挟んで今季DeN A戦7連勝を飾った。巨人先発の山口俊が5回2/3を5 …

巨人8連勝主砲岡本和真が2発6打点の大活躍広島戦通算1000勝

29日、東京ドームにて行われた巨人対広島の一戦は巨人が11対8で勝利し た。   逆転でのリーグ3連覇を狙う巨人は広島との激しい点の取り合いを主砲・岡本の 2発6打点の活躍で制し、昨年9月の9連勝以来 …

プロ野球2021年これが開幕投手一覧だセ・リーグ編、阪神藤浪も

いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。 今季の開幕日はセ・リーグ、パ・リーグともに3月26日(金)となっている。 すでに12球団それぞれの開幕投手も発表されている。 今回はセ・リーグを見てみよう。 …

巨人丸佳浩復活後の活躍で7連 復帰後の打率・打点・本塁打はどう

セ・リーグ2位の巨人は6月28日時点で72試合を消化したことになり、いよ いよシーズンも折り返しに入った。今シーズン序盤は、新型コロナウィルスの感 染による大幅な選手の入れ替えがあり、5月には主将の坂 …