大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

ツインズ前田健太日米通算2000奪三振達成、23日ぶり登板の内容

投稿日:


14日(日本時間15日)、シアトルでマリナーズ対ツインズの一戦が行われ4

対3でマリナーズが勝利した。この試合でツインズの前田健太投手が23日ぶり

となる復帰登板した。右内転筋の張りで5月23日に負傷者リスト(IL)入り

後、右上腕にも張りを感じていることが明らかになって以降初の今季10度目の

先発登板は4回3安打1失点で降板し3勝目はならなかったが、4回1死にはこ

の日7個目の三振を奪い、日米通算2000奪三振を達成した。

 

前田は、味方が先制した初回は1死から3連続四球で満塁としたものの、マリナ

ーズの5番ムーアをスライダーで遊飛、バウアーズはスプリットで空振り三振に

斬ってとった。2回裏はマーフィーをスライダーで、ロングをスプリットで、ト

ランメルを92.1マイル(約148キロ)の直球で3者連続空振り三振に仕留

めた。続く3回裏は先頭クロフォードの中前二塁打からフレーリーに中前適時打

を浴びて同点とされ、なおも1死一、二塁となったがムーアをスライダーで空振

り三振、バウアーズはスプリットでニゴロに退けた。この後、味方がキリロフの

5号ソロ、セレスティノの1号ソロで2点を勝ち越した4回裏、1死から8番ロ

ングをスプリットで空振り三振に仕留め、日米通算2000奪三振を達成した

が、この回で降板した。試合は、5回裏に2番手として登板したファレルが2点

を失い3対3の同点となると、8回裏には5番手・ロブレスがバウアーズに3号

ソロを浴び勝ち越しを許した。

 

前田は、前回5月22日(日本時間23日)の敵地でのインディアンス戦先発で

は、勝敗は付かなかったが5回3安打3失点と粘りの投球をみせた。登板後、

前々回5月16日(日本時間17日)の敵地アスレチックス戦での股関節の痛み

に続き、内転筋に不安が生じたことを説明し、翌23日に負傷者リスト入りとな

った。その後右上腕にも張りを感じていることが明らかになり、回復に時間がか

かっていたが、6月9日(日本時間10日)に3Aセントポール・セインツの本

拠地戦でリハビリ先発した。ロイヤルズ傘下のオマハ・ストームチェイサーズを

相手に4回を投げて1安打1失点、5奪三振1四球1本塁打と復調を見せてい

た。これで前田は2勝2敗、防御率5.01の成績となった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

DeNA国吉佑樹とロッテ有吉優樹の交換トレードが成立どんな投手?

14日、DeNA・国吉佑樹投手とロッテ・有吉優樹投手の交換トレードが決ま り、両球団から発表された。 国吉佑樹投手はどんな投手 大阪府出身の国吉は29歳。秀岳館(熊本)から2009年育成ドラフト1位で …

オリックス杉本裕太郎2本塁打対千葉ロッテ戦絶好調で首位キープ

29日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対千葉ロッテの第12回戦は5 対5の引き分けに終わった。   この試合でオリックスの先発は、今季初登板の榊原翼投手だった。初回、四球を 与えて2死1塁とされ …

プロ野球2021年延長なし9回打ち切り監督はどう対応するのか?

日本野球機構(NPB)は、昨季に引き続き新型コロナウイルス感染拡大を受けた 営業時間短縮要請に対応したうえで、今季のプロ野球をどのようにおこなってい くかの方針を固めた。   新型コロナウイルスの感染 …

大谷翔平2戦連続安打も6試合本塁打なし、次回登板が決定いつになる?

17日(日本時間18日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対アスレチック スの一戦は5対4でアスレチックスが勝利した。 この試合でエンゼルスの大谷翔 平投手が「3番・指名打者」で先発出場した。そして、 …

阪神タイガース藤浪晋太郎が甲子園で先制2ラン、ホームラン何本目?

4月16日、甲子園球場にて行われた「阪神タイガース対ヤクルトスワローズ」 で阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が5回裏に先制の1号2ランを放った。   場面は2死二塁。フルカウントから相手投手の石川の低め …